家庭用脱毛器でヒゲは脱毛できる?自宅で行う利点と欠点について

家庭用脱毛器でヒゲは脱毛できる?自宅で行う利点と欠点について

家庭用脱毛器でヒゲは脱毛できる?自宅で行う利点と欠点について

 

最近増えている家庭用の脱毛器で、髭も処理できるか気になりますよね。家庭で行う髭脱毛のメリットデメリットを調査してみました。

 

 

家庭用脱毛器はそれほど安価なものではありませんが、脱毛サロンやクリニックへ通うことを考えればかなりコストを抑えられます。

 

 

例えば脇など1箇所だけをサロンで脱毛するのであれば、家庭用脱毛器とそれほど価格の差はありませんが、全身脱毛は値段が高額になります。

 

 

そのため、脱毛したい部位が多ければ多いほど、家庭用脱毛器の方がお得と言えるでしょう。また、家庭用脱毛器はお店の機械に比べると出力は弱いですが、脱毛のメカニズムは同じなのでしっかりと脱毛できるのも魅了的です。

 

 

男性の濃い髭にもしっかりとアプローチできるので、回数を重ねれば徐々に減毛していくはずです。家庭用脱毛器は髭をしっかりと処理したい場所や、残したい場所など自分で調節しながらできるので、こだわりが強い人にはその点もメリットとなります。

 

家庭用脱毛器でヒゲは脱毛できる?自宅で行う利点と欠点について

 

さらに、家庭用脱毛器があればわざわざサロンに予約したり、出向く必要もないのでとっても簡単です。自分のタイミングで好きな時に脱毛できるので、時間的なストレスもありません。

 

 

それに、回数が決まっているサロンとは違い何度でもできるので、脱毛完了から数年後に毛が再生したときでも素早く対応できるので安心です。

 

 

一方、家庭用脱毛器を使った髭脱毛にもデメリットはあります。まず、サロンやクリニックで使う機械とは強さが違うので、1回の効果が弱めということです。家庭用脱毛器は毛を細くしたり減らす程度の効果はありますが、永久脱毛は約束されていません。

 

 

1本残らずツルツルのお肌を手に入れたいなら、永久脱毛してくれるクリニックでの医療レーザー脱毛の方が確実です。家庭用脱毛器で脱毛するなら、根気よく続ける必要があります。

 

 

また家庭で脱毛するということは、毛周期を守って正しく照射することや、途中でやめたりしないなど、自己管理がとても大切になってきます。痛いときや、肌にトラブルが出た時も自分で対応しなければならないという問題もあります。

 

 

脱毛したい部位が少ないようであれば、家庭用脱毛器よりも専門のサロンでプロに脱毛してもらった方が手取り早いかもしれませんね。

 

 

家庭用脱毛器は肌トラブルの少ない人や、しっかりと自分でペースを考えながらできるという人にはおすすめです。購入を考えている人は、安易に始めず、脱毛の知識を深めてから始めるようにしましょう。

関連ページ

ヒゲを抜くのは危険行為?自己処理による危険性について解説
ヒゲは剃っても後で青く見えるので、それが嫌で毛抜きで抜いている人もいますね。ただし毛を抜く処理が肌にとって負担がかかることはあまり知られていません。毛穴にばい菌が入って炎症を起こすとニキビの原因にもなります。危険性について知っておきましょう。