メンズ脱毛はアトピー性皮膚炎の人や敏感肌でも脱毛できる?

メンズ脱毛はアトピー性皮膚炎の人や敏感肌でも脱毛できる?

メンズ脱毛はアトピー性皮膚炎の人や敏感肌でも脱毛できる?

 

メンズ脱毛をしたいと考えている人の中には、アトピー性皮膚炎や敏感肌に悩んでいる人も少なくありません。普通肌の人でも肌の調子によっては脱毛ができない場合がありますが、肌の弱い人は施術を受けられるのでしょうか?

 

 

結論からお伝えすると、アトピー性皮膚炎や敏感肌の人でもメンズ脱毛サロンでの施術が可能です。サロンで使用される脱毛機は、黒いものに反応する特殊な光を使用しています。

 

 

基本的には毛に含まれるメラニン色素に反応して、ムダ毛や毛根にダメージを与えていますが、シミやかさぶたにまで反応してしまうのです。

 

 

フラッシュ脱毛機は非常に強いエネルギーを照射するため、色素沈着や変色に反応することで赤みややけどなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

 

 

しかも乾燥した箇所やかさぶたにはより強いエネルギーが出てしまい、カウンセリング時に施術を断られる可能性も高いでしょう。もちろんこれはアトピー性皮膚炎や敏感肌の人だけでなく、普通肌の人にも当てはまります。

 

 

肌トラブルが発現している状態では施術が受けられませんので、一時的なものであれば症状が治まってからチャレンジすると良いでしょう。

 

メンズ脱毛はアトピー性皮膚炎の人や敏感肌でも脱毛できる?

 

またシミやかさぶたの範囲が狭い場合は、その部分を避けて施術をしてくれるサロンもあります。さらに薬を服用している人は、原則として医師の了承をもらわないと契約ができません。

 

 

サロンに通おうと思っている場合は、あらかじめ医師に確認しておくと良いです。何にせよまずは施術が可能かどうかを、カウンセリング時に相談してみましょう。

 

 

メンズ脱毛で使用されるフラッシュ脱毛機は、毛や毛根のみにダメージを与えます。そのため肌への負担はほとんど無く、カミソリや毛抜きを使った自己処理よりも肌トラブルを起こしにくいです。

 

 

自己処理は数日に1回のペースで行わなければなりませんが、サロンでの脱毛には目安期間が設定されており、将来的にムダ毛の自己処理における肌トラブルとは無縁になります。

 

 

アトピー性皮膚炎や敏感肌の人でも、メンズ脱毛を受けることは可能です。肌の状態によっては施術を断られることがありますが、色素沈着や変色、薬の服用などによるものであって、これは普通肌の人と変わりません。

 

 

またカミソリや毛抜きを使ったムダ毛の自己処理はと比較して、メンズ脱毛の施術の方が肌への負担は少ないです。将来的にムダ毛の処理による肌トラブルを避けるためにも、むしろメンズ脱毛は受けた方が良いといえるでしょう。

関連ページ

日焼けしたら脱毛できない?脱毛中に気を付けたい紫外線対策
多くの脱毛器はメラニン色素に反応して脱毛を行います。そのため日焼けをした黒い肌に照射すると皮膚にダメージがおきて火傷の原因になることがあります。脱毛中に日焼けに気を付けて、というのはその理由からです。紫外線対策について記載しています。
入れ墨やタトゥーがあっても脱毛できる?注意点について学ぼう
脱毛のメカニズムは、黒いメラニン色素に向けて熱エネルギーを照射することで脱毛ができます。タトゥーはメラニン色素ではなくインクですが、脱毛器が誤認して集中照射してしまう可能性があります。そのためお店やクリニックでは断られる可能性があるでしょう。
メンズ脱毛後に気を付けることはある?起こりやすいトラブルとは
脱毛後は肌や毛穴がデリケートになっています。脱毛後に行ってはいけないのは紫外線を浴びることです。また血流が急激に増えるような行為、例えば湯船につかることやサウナに行くのは、肌の弱い人やかゆみがある状態では避けておいた方が無難でしょう。
脱毛後の保湿が重要とされる訳は?男性の保湿アイテムの選び方
脱毛は熱のエネルギーを使って行うので肌が乾燥します。次の脱毛でしっかりと効果を得られるように、脱毛後保湿をしっかりと行いましょう。普段入浴後にボディクリームを塗らない人も、脱毛中は気を使うのがポイントです。男性が選びたい保湿アイテムを紹介します。