入れ墨やタトゥーがあっても脱毛できる?注意点について学ぼう

入れ墨やタトゥーがあっても脱毛できる?注意点について学ぼう

入れ墨やタトゥーがあっても脱毛できる?注意点について学ぼう

 

最近では、ファッションの1つとして入れ墨やタトゥーを施している人も多いです。ただしこれらがある場合、献血やMRI、温泉施設の利用などができないことがあります。

 

 

そんな時「タトゥーがあっても脱毛は受けられるのか?」と感じる人もいるでしょう。ここでは入れ墨やタトゥーがあっても脱毛はできるのか、注意点などについて紹介します。

 

 

脱毛サロンで使用されているフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、皮膚の黒い部分に反応して高い熱エネルギーを照射しています。タトゥーはインクを使用して肌に色を入れるため、厳密にいうとメラニン色素ではありません。

 

 

しかし脱毛機がタトゥーの色をメラニン色素だと誤認し、その部分に集中照射してしまうことがあります。毛そのものや毛根へ照射するぶんには問題ありませんが、表皮に高い熱エネルギーを与えてしまうと、やけどや炎症のリスクが非常に大きくなるでしょう。

 

 

脱毛サロンも施術に対するリスクを負うことは避けたいため、基本的には入れ墨やタトゥーが入っている人からの脱毛を断っているところも多いです。

 

入れ墨やタトゥーがあっても脱毛できる?注意点について学ぼう

 

「では入れ墨やタトゥーのある人は、絶対に施術が受けられないのか?」と言われると、実はそうでもありません。脱毛機はタトゥーなどが入っている部分に対して照射ができないだけであって、それ以外の部位は施術を行えます。

 

 

例えば二の腕や背中にワンポイントタトゥーがあり、その周りの部位を脱毛したい場合には、保護シールでタトゥーなどがある部分を隠し、そこを避けて照射できるお店もあるでしょう。

 

 

どうしてもタトゥーのある部分を脱毛したいという人もいるかもしれませんが、この場合はレーザー脱毛およびフラッシュ脱毛では解決できません。

 

 

ただし毛穴に針を刺して行うニードル脱毛であれば、問題無く脱毛ができます。この施術は医療機関でのみ受けられ、1回あたりの時間や費用も大きいです。

 

 

また毛穴にニードルを刺すことでインクが剥がれ、タトゥーの色が抜けたまだら模様になってしまう可能性もあります。せっかく入れた模様が台無しになってしまうので、どうしても脱毛したいという時以外は利用しないのが最善でしょう。

 

 

入れ墨やタトゥーが入っている場合、リスク回避のために施術を断っているサロンがほとんどです。ただにタトゥーなどを入れていない部位は施術可能ですし、保護シールで隠せる大きさであれば、その箇所を除いて照射できます。

 

 

どのような対処をしているかはサロンによって異なるので、あらかじめカウンセリング時に確認しておきましょう。

関連ページ

メンズ脱毛はアトピー性皮膚炎の人や敏感肌でも脱毛できる?
脱毛はアトピーの人や敏感肌の人でも可能です。ただし、肌の調子によっては断られるケースもあります。脱毛は黒い部分をめがけて照射を行うので、色素沈着や傷、かさぶたなどがあると火傷の危険性があります。施術可能かどうかはカウンセリングで相談してください。
日焼けしたら脱毛できない?脱毛中に気を付けたい紫外線対策
多くの脱毛器はメラニン色素に反応して脱毛を行います。そのため日焼けをした黒い肌に照射すると皮膚にダメージがおきて火傷の原因になることがあります。脱毛中に日焼けに気を付けて、というのはその理由からです。紫外線対策について記載しています。
メンズ脱毛後に気を付けることはある?起こりやすいトラブルとは
脱毛後は肌や毛穴がデリケートになっています。脱毛後に行ってはいけないのは紫外線を浴びることです。また血流が急激に増えるような行為、例えば湯船につかることやサウナに行くのは、肌の弱い人やかゆみがある状態では避けておいた方が無難でしょう。
脱毛後の保湿が重要とされる訳は?男性の保湿アイテムの選び方
脱毛は熱のエネルギーを使って行うので肌が乾燥します。次の脱毛でしっかりと効果を得られるように、脱毛後保湿をしっかりと行いましょう。普段入浴後にボディクリームを塗らない人も、脱毛中は気を使うのがポイントです。男性が選びたい保湿アイテムを紹介します。